はじめての明朝体

明朝体
ウェブサイトのデザインは実は文字が主役しゅやく。実はページのほとんどは文字が占めています。つまり日本語ウェブフォントを変えるだけで、サイト全体のイメージが変えられるのです。また基本的にウェブサイトはゴシック体(メイリオ・ヒラギノ)が選ばれています。明朝体を選べば、他のサイトではできないブランディングも可能です。

うつくし明朝体WEB

明朝体ウェブフォント
うつくし明朝体WEBフォントは柔らかさ・レトロな味わい・漢字とかなのバランスなどオールドスタイル明朝体のエッセンスは残しつつ、横へのつながりを感じさせるモダンな日本語ウェブフォントです。垂直水平のラインはまっすぐに、また斜めのラインもまっすぐなデザイン多用しました。新しいコンセプトの明朝体ウェブフォントです。

活版所

明朝体ウェブフォント
ジョバンニが学校の門を出るとき、同じ組の七八人は家へ帰らずカムパネルラをまん中にして校庭のすみさくらの木のところに集まっていました。それはこんやの星祭に青いあかりをこしらえて川へ流す烏瓜からすうりを取りに行く相談らしかったのです。けれどもジョバンニは手を大きくってどしどし学校の門を出て来ました。

午后(ごご)の授業

明朝体webフォント
「ではみなさんは、そういうふうに川だとわれたり、乳の流れたあとだと云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。」先生は、黒板につるした大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった銀河帯のようなところをしながら、みんなにといをかけました。