はじめての明朝体

明朝体
ウェブサイトのデザインは実は文字が主役しゅやく。実はページのほとんどは文字が占めています。つまり日本語ウェブフォントを変えるだけで、サイト全体のイメージが変えられるのです。また基本的にウェブサイトはゴシック体(メイリオ・ヒラギノ)が選ばれています。明朝体を選べば、他のサイトではできないブランディングも可能です。

日本語WEBフォント

明朝体ウェブフォント
ウェブフォントを使うにはどうしたらよいの?そんな手助けをするのがウェブフォントファンです。日本語ウェブフォントの設定方法など、はじめての方向けの情報を公開。無料の日本語フォントもダウンロードできるので、設置の練習れんしゅうにもなります。WEBフォントファンは文字に興味のあるウェブデザイナーを応援します。

ダウンロードの手順

webfont
うつくし明朝体フォント for ワードプレスはダウンロード版の購入ができます。ペイパル・クレジットカード(VISA・MASTER・AMEXなど)・銀行振り込みがご利用いただけます。ご注文の流れについて。メールにてダウンロードの案内が届きますので、手順に従ってワードプレスのプラグインのインストールを行ってください。

WordPressプラグイン

明朝体ウェブフォント
ウェブフォントプラグインなら通常のワードプレスプラグインのようにインストールするだけで簡単にウェブフォントが使えます。このページもうつくし明朝体のウェブフォントプラグインを使っています。インストールも初心者でもわかるように解説ページがあるので安心です。CSSページでカスタマイズ設定を行うことも可能です。

うつくし明朝体WEB

明朝体ウェブフォント
うつくし明朝体WEBフォントは柔らかさ・レトロな味わい・漢字とかなのバランスなどオールドスタイル明朝体のエッセンスは残しつつ、横へのつながりを感じさせるモダンな日本語ウェブフォントです。垂直水平のラインはまっすぐに、また斜めのラインもまっすぐなデザイン多用しました。新しいコンセプトの明朝体ウェブフォントです。

ジョバンニの切符

明朝体ウェブフォント
「もうここらは白鳥区のおしまいです。ごらんなさい。あれが名高いアルビレオの観測所です。」窓の外の、まるで花火でいっぱいのような、あまの川のまん中に、黒い大きな建物が四棟ばかり立って、その一つの平屋根の上に、眼もさめるような、青宝玉サファイア黄玉トパースの大きな二つのすきとおった球が

鳥をとる人

明朝体ウェブフォント
「ここへかけてもようございますか。」がさがさした、けれども親切そうな、大人の声が、二人のうしろで聞えました。それは、茶いろの少しぼろぼろの外套がいとうを着て、白い巾でつつんだ荷物を、二つに分けて肩にけた、赤髯あかひげのせなかのかがんだ人でした。「ええ、いいんです。」ジョバンニは、少し肩をすぼめて挨拶あいさつしました。

北十字とプリオシン

webfont-mincho8
そして島と十字架とは、だんだんうしろの方へうつって行きました。向う岸も、青じろくぽうっと光ってけむり、時々、やっぱりすすきが風にひるがえるらしく、さっとその銀いろがけむって、息でもかけたように見え、また、たくさんのりんどうの花が、草をかくれたり出たりするのは、やさしい狐火きつねびのように思われました。

銀河ステーション

明朝体ウェブフォント
そしてジョバンニはすぐうしろの天気輪の柱がいつかぼんやりした三角標の形になって、しばらくほたるのように、ぺかぺか消えたりともったりしているのを見ました。それはだんだんはっきりして、とうとうりんとうごかないようになり、濃い鋼青のそらの野原にたちました。いま新らしく灼いたばかりの青い鋼の板のような、そらの野原に

天気輪の柱

明朝体ウェブフォント
ジョバンニは、もう露の降りかかった小さな林のこみちを、どんどんのぼって行きました。まっくらな草や、いろいろな形に見えるやぶのしげみの間を、その小さなみちが、一すじ白く星あかりに照らしだされてあったのです。草の中には、ぴかぴか青びかりを出す小さな虫もいて、ある葉は青くすかし出され、ジョバンニは、さっきみんなの