今まではフォントを指定しても、見ている人の環境に同じフォントがインストールされていなければ、表示されませんでした。

そのため今までは、好みのフォントをPNGやJPEGなどの画像に変えて表示していました。しかしそれには多くのデメリットがあります。

 

1.検索エンジンが読めないのでSEO的に不利

2.訪問者が文字サイズを変更・検索・文字をコピーができない

3.ホームページの修正・更新の作業量が増える

4.翻訳・読み上げソフトが使えない

5.サイト全体のイメージを決める本文には使えない

 

しかしウェブフォントを使えば、見ている人のパソコンに同じフォントがインストールされていなくても、指定したフォントで表示できます。

ウェブフォントのファイル形式

TrueType(.ttf)

アップルコンピュータとマイクロソフトが共同開発した、パソコン環境で一般的なフォーマット。

OpenType(.otf)

TrueTypeの後継フォントとしてアドビ、マイクロソフトが共同で開発した一般的なフォントフォーマット。

EOT(.eot)

Microsoft開発のウェブフォント用フォントフォーマット。IEのみ対応。

WOFF(.woff)

軽量なウェブフォント用に開発されたフォーマット

SVG(.svg)

じゅくフォント for ワードプレスへ